slontが2016年3月14日に投稿(2016年3月14日更新)

去年2015年の7月公開された、Ethereum(イーサリアム)の独自通貨であるEther(ETH、イーサー)がアツいです。

どのくらいアツいかというと、今年の1月1日時点で1ETH = 0.002XBT(※1)(XBT:ビットコイン)だったものが、2月末で1ETH = 0.015XBTまで約8倍になり、この記事を書いている3月13日時点では1ETH = 0.034XBTまで上昇しています。

現在のビットコインの価格は1XBT = 47000JPYぐらいですが、1月はビットコインの急騰で1XBT = 53000JPY前後でしたので、日本円では相対的に価値が下がっているものの、10倍以上は上がっています。

ETH/XBTのチャート(DAY)ETH/XBTのチャート(Day)



仮想通貨とはなんぞや?という話はここでは詳しく触れませんが、Etherについては簡単に触れておきましょう。

そもそも、仮想通貨を取引している人たちの中でも、EtherとEthereumをごっちゃにしている人が多いので、この違いは覚えておいて、ここぞという時にドヤっておきましょう。


EthereumとEtherの違い

Ethereumとは

Ethereumとは、ビットコイン2.0のプロダクトの1つで、ブロックチェーンを用いた分散型アプリケーションプラットフォームや、その関連プロジェクトの総称です。スマートコントラクトの他、様々な分野への応用が期待できる。


と、ここまで簡潔な説明ではハテナが飛び交うと思います。スマートコントラクトなどの詳しい説明はまた別の機会にするとして、ここではEthereumはプラットフォームと覚えておけば良いでしょう。


Etherとは

Etherとは、Ethereumのプラットフォーム上で使用する独自通貨。EthereumはこのEtherを使用してスマート・コントラクトを実行できる。ビットコインと同様に採掘することができる。


つまりEtherこそが独自通貨で、取引所で取り扱っている対象になります。


どこで取引できるの?

PoloniexKrakenです。
Poloniexは取引量が多く、チャートも見やすいです。Krakenは日本語で取引できるので、ちょっと試してみたい人にはオススメです。私はとりあえずKrakenで取引していますが、機を見てPoloniexに変えようかと思っています。


また、取引通貨はビットコインです。KrakenだとUSDやJPYでも取引できますが、出来高が少なすぎるので、一度ビットコインに替えた方が良いでしょう。


つまり何が言いたいか

Ethereumはまだ公開したばかりで、Etherの価値はこれからどんどん上がるかもしれません。今後のEthereumの動向に期待です!!




注釈

※1:文章中の通過ペアレートは全てKrakenの取引履歴を参考にしているため、取引所によっては値が変わる場合があります。

↑気に入ったらシェアしてね↑
関連記事
プロフィール
slont

slont

元金融エンジニア。メイン言語はJava, HTML, JavaScript, Python, Kotlinあたり。SECCONやCTF、NLP、機械学習に興味あり。金融日記購読4年。巷で話題の変態紳士。美女ソムリエ始めてました。 お仕事の依頼はTwitterからお願いします。

comments powered by Disqus
Back to top